社長挨拶

社長挨拶

人、国の境を越えて産業技術の進化に貢献

当社は1935年(昭10)の創業以来、あらゆる工場で使われる工業用金網の専門メーカーとして、常に「新しいもの」に挑戦して、その時代のニーズに応える製品をお届けしてまいりました。
なかでも日本でステンレス線が作られて間もない1938年(昭13)に、その優れた耐蝕性に注目して金網の試作を始めたことや、終戦後アメリカからの情報を得て国産化に成功したワイヤコンベヤーベルトは、我が国産業界の発展に少なからぬ貢献をしたと考えております。
その後も優れた防振性能を持つステンレスマウントや、自動車用エアバックシステムのガス発生装置用フィルター、磁性ステンレス金網KMGメッシュの開発等、当社独自の製造技術を駆使した製品を生み出し、お蔭様で2,530社にも及ぶ金網業界で「時代を先取りする」トップクラスのメーカーとして成長することが出来ました。

国際化するビジネスに対応するため、米国とシンガポールに販売会社、タイと中国に工場を設立しています。タイは工業用織金網とコンベヤーベルト、中国ではコンベヤーベルトが主力生産品目で、東南アジアと中国市場への供給拠点としています。また、建物を白蟻から守るターミメッシュシステムの施工販売をオーストラリアの子会社を拠点として展開しています。
日本フイルコングループの工業用金網専門メーカーとして、この分野におけるアジアのリーデイングカンパニーを目指し、お客様の御要望一件一件に対して迅速、正確、誠実に対応をすることをモットーにチャレンジしてまいります。

代表取締役 社長 谷川英昭

ページトップ